六花亭「ひとつ鍋」は驚くほどの甘さすっきり、餅入り無添加和菓子

スポンサーリンク
スポンサーリンク

六花亭「ひとつ鍋」の購入レビュー・口コミ

六花亭「ひとつ鍋」

六花亭「ひとつ鍋」は3種類あり、今回は小倉餡をチョイスしました。

 

「ひとつ鍋」という名前は十勝開拓の祖、依田勉三が開拓当時によんだ句「開墾のはじめは豚とひとつ鍋」に由来するとのこと。

六花亭らしいネーミング。

北海道開拓の歴史を詳しく知りたくなりました。

 

六花亭「ひとつ鍋」の原材料は?

小倉餡の原材料です。

原材料:砂糖、小豆、最中種(餅米)、水飴、澱粉、餅粉、求肥粉、寒天、食塩/トレハロース

 

添加物なしの原材料です。

お子さんから年配の方まで安心して食べることのできる無添加最中。

 

六花亭「ひとつ鍋」を食べてみた

袋を開けてみました。

最中の皮の香ばしい香りがふわぁっとします。

六花亭「ひとつ鍋」

ひとつ鍋というネーミング通り、鍋の形になっています!

ユニークですね。

 

鍋の蓋もちゃんとありますよ。

蓋を見ると開けてみたくなる衝動にかられますよね。

しかし…蓋を開けることはできませんでした。がっちりくっついていて全く無理です。

 

気を取り直して、半分に切ってみるとこんな感じです。

六花亭「ひとつ鍋」

あんこがみっちり入っています。

六花亭「ひとつ鍋」

食べてみましょう。

これは!

超甘さ控えめ!

 

歯に染みるような甘さ、口に残る甘さは一切ありません。

ひと口食べるごとにお茶を何杯も飲みたくなるような甘い和菓子ではなく、最高に上品な甘さです。おいしすぎます。

 

皮はパリパリで香ばしいです。

 

なんとお餅が二個入っていました。

六花亭「ひとつ鍋」

このお餅がまた良い仕事をしています。

甘さ控えめのあんことパリパリの皮ともっちりしたお餅が組み合わさると、なぜこんなにおいしくなるのでしょう。お餅が入ると何倍にもおいしく感じます。

 

パッケージには「お餅入り」とか「白玉入り」という文字は見当たらなかったので、食べてからのお楽しみなのでしょうか?

わたしはお餅好きなので、パッケージに表記されていると迷わず買うのですが。

 

きっと六花亭からのサプライズなのかもしれませんね。

 

一個をペロリと食べてしまいました。

驚くほど甘さ控えめなのでもう一個食べれそうです。

 

六花亭「ひとつ鍋」のカロリーは?

1個49g 147kcal

 

六花亭「ひとつ鍋」のお値段

1個 130円(税込)

添加物が入っていない安心して食べることのできる甘さ控えめの最中が130円です!

しかもお餅入りです。

安すぎませんか?

おすすめです!

 

六花亭「ひとつ鍋」を購入するには?

六花亭店舗各店やデパ地下などに入っている六花亭店舗で購入できます。

Amazonでも購入できます。

 

 

六花亭オンラインショップでも購入可能です。

オンラインショップの場合、1個売りはありません。

6個入り850円、12個入り1860円、18個入り2710円、24個入り3570円(税込)となっています。

小倉餡、こし餡、白餡の詰め合わせです。

3種類の味を楽しめるので良いですね。

 

贈り物にも喜ばれそうです。

 

上品な甘さの六花亭「ひとつ鍋」、ぜひ食べてみてください!

六花亭「ひとつ鍋」

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。